ミシュラン掲載「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の絶品蕎麦

石臼挽き蕎麦 石づか

「石臼挽き蕎麦 石づか」
「石臼挽き蕎麦 石づか」

JR南武線「稲田堤」駅から徒歩約8分、2010(平成22)年に開業した「石臼挽き蕎麦 石づか」は菅北浦の路地にある、知る人ぞ知る蕎麦の名店である。北海道蘭越町の契約農家から仕入れる蕎麦の実は、農薬不使用の有機栽培。その日に使用する分だけを石臼で引くため、おいしいお蕎麦の条件とされる「挽きたて・打ちたて・茹でたて」を味わうことができる。自宅を改装した店内は、テーブル席とカウンター、個室があり、落ち着いた雰囲気で食事が楽しめる空間となっている。

落ち着いた店内
落ち着いた店内

冷たいお蕎麦は「せいろ」、温かいお蕎麦は「かけそば」からオーダー可能。また、広島県産の大粒牡蠣を使用した「かきそば」(10月中旬~2月下旬まで)など四季折々、旬の素材を使ったメニューや月替わりのお蕎麦も用意されているため、いつ訪れても新しい味を楽しめる。

「天せいろ」
「天せいろ」

この日いただいたのは「天せいろ」、料理を待つ間、厨房からパチパチと天ぷらを揚げる音に心が躍る。プリプリの食感の海老やフグをはじめ、ジューシーな茄子、爽やかな苦味の満願寺、噛むごとに甘みが広がるパプリカなど、素材の味を感じる天ぷらは人気があるのも納得の味わい。引きたての蕎麦は風味、喉越しともに素晴らしく毎日でも食べたくなる。平日限定のランチにはお蕎麦に天ぷら、かやくごはん、小鉢、デザートが付いてくる。土日は数量限定で、粗挽きで腰の強さが特徴の、手回し石臼蕎麦がいただける。

「石づか」は夜の営業も人気で、アルコールは日本酒以外にも芋・蕎麦・麦などの各種焼酎やワインも揃う。夜限定の一品料理は「天ぷらの盛り合わせ」や「豚の角煮」、「えいひれ」、「もつ煮」など、酒飲みにはたまらないラインナップとなっている。夜の営業の場合、お蕎麦は売り切れになることもあるそうなので、お酒を堪能した後、〆はお蕎麦でと考えている場合は、事前の確認をお忘れなく。

ミシュランにも掲載
ミシュランにも掲載

「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015」にも掲載される名店、生活圏内にあれば、常連になってしまうこと間違いなしだ。

石臼挽き蕎麦 石づか
所在地:神奈川県川崎市多摩区菅北浦2-22-11  
電話番号:044-944-4911
営業時間:11:00~14:00(L.O.13:30)、17:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:月・火曜日

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ