小田急小田原線「生田」駅前に広がり、暮らしの利便性に恵まれた川崎市多摩区生田七丁目

川崎市多摩区生田七丁目は小田急小田原線「生田」駅の北側に位置する。エリア周辺は多摩丘陵とその間の谷で構成されており、生田七丁目は南向きの斜面になっている。「生田」駅前という立地から、暮らしの利便性と恵まれた住環境を併せ持つ住宅地として人気を集めている。

津久井道沿いの集落から文教エリアへ

「多摩区 生田出張所」はかつての「生田村役場」があった場所に建つ
「多摩区 生田出張所」はかつての「生田村役場」があった場所に建つ

今の生田七丁目は江戸時代に津久井道沿いの集落として発展した。当時は五反田と呼ばれており、現在もバスの停留所名などにその名が残る。1875(明治8)年に南側に隣接する上菅生村と合併し、生田村となった。当時の「生田村役場」は現在の「多摩区役所 生田出張所」の場所に置かれ、生田七丁目周辺は生田村の中心地として栄えたという。

1927(昭和2)年には小田急小田原線が開通し、「東生田(現・生田)」駅も開業した。交通アクセスの利便性が高くなった生田七丁目周辺には、1932(昭和7)年に現在の「明治大学 生田キャンパス」の場所に「日本高等拓植学校」が置かれるなど教育施設が進出した。「日本高等拓植学校」は1937(昭和12)年に「陸軍登戸研究所」となり、戦後の1951(昭和26)年に「明治大学生田校舎」となった。

1948(昭和29)年には「専修大学 生田キャンパス」、「日本女子大学附属高等学校」も開設されており、現在のような文教エリアの礎が築かれた。

小田急小田原線、東京メトロ千代田線直通電車で東京都心直結

小田急小田原線「生田」駅
小田急小田原線「生田」駅

「生田」駅至近に広がる生田七丁目は交通アクセスの利便性も高い。「生田」駅には小田急小田原線の各駅停車のほか準急、通勤準急も停車する。小田急小田原線には東京メトロ千代田線へ直通する電車もあり、「新宿」駅のほか「表参道」駅や「大手町」駅など東京都心部にも乗り換えなしで移動できる。

上り電車で2駅目の「登戸」駅で小田急小田原線の快速急行や急行に乗り換えればさらにスムーズに「新宿」駅方面へアクセス可能だ。「登戸」駅ではJR南武線にも乗り換え可能で、「立川」駅や「川崎」駅方面へのアクセスも良い。

津久井道や府中街道、尻手黒川道路など幹線道路が多いこのエリアは自動車の利用もしやすい。東名高速道路の「東名川崎」ICも近く、高速道路にも短時間でアクセスできる。

「生田」駅周辺にスーパーマーケットが集まる

「Odakyu OX 生田店」などスーパーマーケットが充実
「Odakyu OX 生田店」などスーパーマーケットが充実

生田七丁目周辺は買い物も便利だ。エリア周辺には「Odakyu OX 生田店」や「ゆりストア 生田店」など日常の買い物に便利なスーパーマーケットが揃う。

電車や自動車で「新百合ヶ丘」駅に出れば「新百合丘オーパ」や「新百合ヶ丘エルミロード」、「イオン新百合ヶ丘店」での買い物も楽しめるほか、日本有数のショッピングタウンの最寄りとなる「新宿」駅や「表参道」駅にもダイレクトアクセス可能で、休日の買い物の魅力も多い。

幼稚園や保育施設が充実

「三田かしのみ保育園」といった新しい保育施設も誕生した
「三田かしのみ保育園」といった新しい保育施設も誕生した

文教エリアとして発展した歴史を持つ生田七丁目は教育・子育て環境にも恵まれている。エリア近隣には「西三田幼稚園」など幼稚園、「アスク生田保育園」といった保育施設が揃う。2014(平成26)年には「三田かしのみ保育園」、2015(平成27)年には「生田うりぼう愛児園」が開園し、さらに子育て環境が向上した。

「日本女子大学附属中学校・高等学校」といった人気の私立校も近い
「日本女子大学附属中学校・高等学校」といった人気の私立校も近い

通学区となる「川崎市立生田中学校」は新学制施行とともに誕生した川崎市内でも有数の伝統校だ。難関校として知られる私立の「日本女子大学附属中学校・高等学校」も近く、進路の選択肢にも恵まれている。「生田」駅周辺には塾や習い事施設、幼児教室などが揃うこともうれしい。

美しい緑に文化施設が集まる「生田緑地」に近接

多彩な施設が揃う「生田緑地」
多彩な施設が揃う「生田緑地」

多摩丘陵に位置する生田七丁目は緑に親しめるスポットも多い。エリアの南東には豊かな自然と「川崎市立日本民家園」、「川崎市岡本太郎美術館」、「かわさき宙(そら)と緑の科学館 サイエンスプリン」といった文化施設を楽しめる「生田緑地」が広がる。

「生田緑地」の北側、「向ヶ丘遊園」跡地には2011(平成23)年に「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」が誕生したほか、「よみうりランド」も近く、休日の楽しみは尽きない。

東京都心方面への交通アクセスに恵まれ、レジャースポットも多い川崎市多摩区生田七丁目。この街はファミリーを中心に暮らしやすい住宅地として注目されている。