リスやカワセミも見られる、自然溢れる憩いの場

横浜市児童遊園地

視界いっぱいに豊かな自然が広がる
視界いっぱいに豊かな自然が広がる

横浜市南区と境を接する狩場町に広がる「横浜市児童遊園地」は、箱根駅伝の難所「権田坂」近くにある。起伏に富んだ地形を活かして整備された、緑豊かな公園で、面積は約8.1ヘクタール(「環境活動支援センター」を含めると全体面積14.1ヘクタール)。園内には、散策路や広場などがあり、お祭りや遠足といった市民の憩いの場としても活用されている。

広場があり、遠足場所としても人気
広場があり、遠足場所としても人気

この公園の歴史は古く、開園は1929(昭和4)年10月6日。「学制」50周年記念事業として1922(大正11)年に計画され、横浜市の予算のほかに、当時の小学生が10銭ずつ出し合うなど、有志からの寄付金も土地買収・整備にあてられた。関東大震災による工事の中断があったものの、「震災復興事業」で再開し、運動場や大芝生広場、プールなどが完成。戦前は、格好の遠足場所だったという。しかし、戦後は進駐軍に接収され、英連邦軍の戦没者墓地に永久使用が決定。公園の一部は譲渡され、現在の「英連邦戦死者墓地」となりました。その後、1957(昭和32)年から代替施設として隣接地を買収し、1961(昭和36)年に現在の場所に開園した。

起伏に富み、トレーニングにもぴったり
起伏に富み、トレーニングにもぴったり

また、1980(昭和55)年の環境事業局(現「資源循環局」)保土ケ谷工場の建設時に、25m室内温水プールや児童・幼児プールを備えた「保土ヶ谷プール」が園内に設置された。そのほか、1周約1.2kmの周回コースもあり、ジョギングやウォーキングなどにもぴったり。幅広い年齢の人がスポーツのために訪れている。


池ではカメが甲羅干ししている姿も
池ではカメが甲羅干ししている姿も

園内では雑木林や竹林などの林が保全され、四季折々の花や自然を楽しめるほか、木々のまわりではリスの姿を見ることもできる。池にはカメやコイが泳ぎ、運がよければカワセミに遭遇することも。桜の木が約650本あることから、春は多くのお花見客で賑う。

横浜市児童遊園地
所在地:神奈川県横浜市保土ケ谷区狩場町213 
電話番号:045-741-1015
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/par..

詳細地図