子どもが夢中で楽しめるログハウスの中の遊び場 綱島公園こどもログハウス モッキー

自然の地形を活かして造成された「綱島公園」には、5世紀末のものとされる「綱島古墳」がある。この地における太古の暮らしに思いを馳せることができると同時に、自然と触れ合い、また子どもたちにとっても存分に楽しめる公園となっている。

2階建てのこどもログハウス

その代表格とも言えるのが、1992(平成4)年にオープンしたログハウス「モッキー」だ。“モッキー”は公募によって決定され、これは“木”の読みである“もく”と“き”を掛け合わせたものとなっている。ログハウスであること、また周辺には木が生い茂っている環境を踏まえると思わず納得の頷きをしてしまう。

こんなところにバスケットゴールが

木彫りの看板

可愛らしい受付の案内

館内にはあたたかみのある明るい色の木が使われている

「モッキー」を利用できるのは幼児から中学生までだが、基本的には小学生が優先となる。6歳未満の子どもは保護者の付き添いが必要。無料のロッカーが設置された入口で靴を脱ぎ、受付を済ませてから館内に入っていく。

フィールドアスレチック施設を凝縮したような館内には、柔らかいボールや、跳び箱、平均台など様々な遊具がある。1階と2階との往来は階段だけでなく攀登棒(はんとうぼう)やネットを利用してもでき、2階から1階へは滑り台でも移動できるようになっている。

1階まで続く「グルグルすべりだい」

ネットのスペースで遊ぶ子ども

跳び箱などの遊具もある

館内は人でいっぱい

2階はより身体を隠せるスペースが増え、1階とはまた異なる雰囲気がつくられている。施設の特徴としては、やはり床下部分に地下迷路が設けられていることだろう。建物が3層構造になっていることで、遊びはより拡がっていく。一休みしたくなれば、1階の隅に設置された図書コーナーを利用するといいだろう。子どもたちを見守りながら保護者がゆっくりするスペースとしてもおすすめだ。

「モッキー」では七夕まつり、秋祭り、クリスマス会、豆まきといった季節行事も開催している。いつも大賑わいの館内が、このときばかりは少し異なる雰囲気に包まれる。思う存分、心から楽しめる幼少期の遊び場があるというのは、近隣住民にとっては大変ありがたい話だろう。

「綱島公園」内にある

綱島公園こどもログハウス モッキー
所在地:神奈川県横浜市港北区綱島台1
電話番号:045-547-4556
営業時間:4~9月9:00~17:30 10~3月9:00~16:30
休館日:第3月曜(祝日時は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
http://www.kouhoku-ksk.or.jp/house/

詳細地図