環境にやさしく、ずっと使いたい生活雑貨が揃う店 slow slow slow(スロースロースロー)

「slow slow slow(スロースロースロー)」があるのは、商店街のざわめきが少し薄らいだ場所。コンセプトに“のんびり。ゆっくり。たいせつに。”を掲げて2010(平成20)年にオープンした。自然素材による洗剤から、作家の手がけた食器や鉄瓶。また、手ぬぐいや箒などの日用品を扱っている。

店内の様子がよく見えて、ふらっと立ち寄りたくなる

お店を開いたきっかけは、店主の久永さんにアレルギー症状が出るようになったことだ。これまで口にしていた食べ物だけでなく身につけていた衣服、家の日用品についても見直すようになった。そのときに、これまで気にもしなかったことに目を向けるようになり、その過程で現在扱っている商品と出会うこととなった。

お店のコンセプト

鉄瓶の形をしたペーパーウエイト

なんだかなつかしいはさみ

サイズ豊富なカッティングボード

マッチ箱入りの綿棒。ユニークな商品

ウッディな店内は居心地がよく、つい長居したくなる

物が溢れかえり、それ自体に価値を見出しづらくなっている現代社会。人と物とがより親密な関係を築いていた数十年前までの暮らしへの注目が、「slow slow slow」の原点である。捨てるのではなく修理して使うこと。さらに言うと、修理してでも使いたくなるものの提案とともに、消耗品とはいえ、大切に使いたいという気持ちにさせてくれる商品を扱っている。

招き猫のおみくじ

オリジナルの作家ものも

そのひとつが、“ソープナッツ”と呼ばれる洗濯洗剤「天然の木の実」だ。これはムクロジの木の実を天日干ししたもので、洗浄成分であるサポニンが、水の表面張力を崩して衣類の繊維まで染み込み、汚れを浮かせて洗い流してくれる。化学物質が含まれていないので敏感肌やアレルギーで悩んでいる者には最適な洗剤と言える。

木の実が洗濯洗剤に。「ソープナッツ」

夜8時まで営業

他にも、海洋タンカーの事故処理研究から生まれた生分解する洗剤や、パレスチナのヴァージンオリーブオイルを原料とする石鹸など、並べられているものは“語れる”商品ばかり。発信力は小さいかもしれないが、それを求める層が拡がっていることは確か。生産者と消費者、そして社会にとって発展的な関係性が築ける提案を、ここでは聞くことができる。

slow slow slow(スロースロースロー)
所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-18-25 102
電話番号:045-534-9128
営業時間:11:00~20:00(不定期に14:30開店)
定休日:日曜日、祝日
http://slow3.jp/

詳細地図