エリア概要コラム

「日吉」駅の西側に広がり、古くから文教の街として発展した日吉2丁目

横浜市港北区日吉2丁目は横浜市港北区の最北東部、「日吉」駅西側に広がる。日吉エリアは「慶應義塾大学 日吉キャンパス」を有する文教エリア。学生が多く活発な街である一方で、駅西側の日吉2丁目周辺には落ち着いた閑静な住宅街が広がっている。

昭和初期から文教エリアとして発展

1934(昭和9年)の「慶應義塾大学 日吉キャンパス」誕生をきっかけに文教エリアへと発展
1934(昭和9年)の「慶應義塾大学 日吉キャンパス」誕生をきっかけに文教エリアへと発展

「日吉」駅西側周辺には「日吉矢上古墳」やその竪穴式住居跡、貝塚などが発見されており、古くから人々が暮らしていたことがうかがえる。戦国時代には、現在の「慶應義塾大学 日吉キャンパス」内に「矢上城」が築城されたという。また、矢上橋周辺は交通の要衝として栄え、今も「観音寺」や「保福寺」などの古刹が残る。さらに1934(昭和9)年に「慶應義塾大学 日吉キャンパス」が設けられたことから、その後現在に至るまで日吉エリアは文教の街として発展を続けてきた。

「日吉」駅から3路線を利用可能

東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れる「日吉」駅
東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインが乗り入れる「日吉」駅

「日吉」駅は都心への交通アクセス利便性も高い。「日吉」駅には東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインの3路線が乗り入れる。東急東横線を利用すれば「渋谷」駅や「横浜」駅のほか、直通運転が行われている東京メトロ副都心線の「新宿三丁目」駅や「池袋」駅、みなとみらい線の「元町・中華街」駅方面にもダイレクトアクセスが可能。東急目黒線は「日吉」駅が始発のため、通勤の時間帯でも都心まで座って移動できるのがうれしい。さらに東急目黒線は都営地下鉄三田線と東京メトロ南北線に乗り入れているため、「大手町」駅や「溜池山王」駅など東京都心に乗り換えなしでアクセスできる。横浜市営地下鉄グリーンラインは港北ニュータウン方面への移動に便利だ。
また、現在「日吉」駅から「西谷」駅を結ぶ相鉄・東急直通線の整備が進められている。相鉄・東急直通線は「新横浜」駅も設けられることになっており、東海道新幹線の利用も便利になるだろう。

文教エリアならではの私立学校が充実

「日本大学高等学校・日本大学中学校」など附属校が揃う
「日本大学高等学校・日本大学中学校」など附属校が揃う

日吉エリアは文教エリアとして発展したことに由来し、横浜市内でも有数の整った教育環境が魅力。「慶應義塾普通部」や「慶應義塾高等学校」など「慶應義塾大学」の附属校に加え、「日本大学高等学校・中学校」といった人気の私立学校が集まり、教育の選択肢が多い。さらに「日吉」駅から徒歩7分のところには神奈川県公認保育施設「チロル幼稚園」があるほか、近くの「日吉みんなの保育園」では親子参加型の手遊びやパネルシアターなどを楽しむことができる「あそぼうの会」が開かれたり、定期的に子育て相談会を行っていたりと小さいお子さんをもつママには嬉しいイベントも。ほかにも周辺には幼稚園や保育施設が点在しているので、子育てファミリーが安心して暮らせる環境が整う。

身近に多彩なショッピング施設が集まる

日吉の街を支える「日吉商店街」
日吉の街を支える「日吉商店街」

「日吉」駅の西側は買い物環境にも恵まれている。「フレッシュマートながえ」や「自然食品の店 F&F 日吉店」など日常使い出来る便利なスーパーマーケットのほか、食品やファッション、雑貨など多彩な店が集まる「日吉東急avenue」、昔ながらの老舗店舗も多い日吉を代表する「日吉商店街」もあり、あらゆる買い物ニーズを満たすことができる。また、学生が多いこともあり、「日吉」駅周辺には安価でボリュームのあるグルメのお店も多い。ラーメンの激戦区としても知られ、評価の高い話題の名店が集まる。

暮らしの中で緑に親しめる街

日吉の街を一望できる「日吉公園」
日吉の街を一望できる「日吉公園」

日吉エリアは「慶應義塾大学 日吉キャンパス」や「慶應義塾大学 矢上キャンパス」をはじめ、緑に親しめるスポットも多い。ほかにも「日吉公園」や「夢見ヶ崎動物公園」と緑豊かな公園や子どもが楽しめる動物園も近くにあるので、休日には家族で散策に出かけるのも楽しい。また、矢上川沿いの遊歩道も散策やジョギング、サイクリングにおすすめだ。下流に向かえば鶴見川沿いの遊歩道につながっており、「新横浜」駅方面にもアクセスできる。暮らしの利便性に恵まれ、緑も豊かな文教エリアの横浜市港北区日吉2丁目。ここでは穏やかな暮らしを満喫できそうだ。