野菜たっぷり「お家ごはん」のカフェ

お家ごはんカフェ unwind(アンワインド)

街中にひっそりと佇む「お家ごはんカフェ unwind(アンワインド)」
街中にひっそりと佇む「お家ごはんカフェ unwind(アンワインド)」

緑のテント屋根の看板が目印の「unwind(アンワインド)」は、「日吉」駅から徒歩1分の便利な場所にある。階段を上がって2階に行くと、アットホームな空間が広がる。テーブルとテーブルの間に余裕がある配置については、「私が隣の席を気にするタイプなので、お客さんにはゆったりと座ってもらいたいんです」とオーナーのこだわりが。「緊張がほぐれる、リラックスできる」という思いが込められた「アンワインド」という店名に相応しい配慮だ。

緑を基調に落ち着いた店内
緑を基調に落ち着いた店内

オーナーの杵淵(きねふち)さんは、「OL時代からカフェが好きでした。『こんなカフェがあったらいいな』という理想のお店を実現したかった」とお店への想いを教えてくださった。働きながらカフェの学校に通い、3年の歳月を費やしてお店をオープンさせた。まさにオーナーの夢が詰まったお店だ。

栄養満点!「unwindスペシャルデリプレート」
栄養満点!「unwindスペシャルデリプレート」

こだわりはメニューの中にも。一番人気の「unwindスペシャルデリプレート」には、3種の野菜料理とメインの肉料理が盛り付けられている。それにご飯と味噌汁が付き、野菜を中心とした体に良い食事を味わうことができる。さらに農家直送のお米やお味噌もこだわりのひとつ。毎日、ごはんを炊く直前に精米をしているということで、お米の鮮度が高いのもうれしいポイントだ。

大人気の「濃厚ベイクドチーズケーキ」
大人気の「濃厚ベイクドチーズケーキ」

さらに季節ごとに変わる手作りスイーツも人気。看板スイーツの「濃厚ベイクドチーズケーキ」は程よい甘さとチーズの美味しさがシンプルに伝わってくるどこか懐かしい味。コーヒーや紅茶との相性は抜群だ。ちなみに、コーヒーの豆も紅茶の茶葉も専門店から厳選したものを仕入れている。

お客さんの手作り雑貨も販売
お客さんの手作り雑貨も販売

店内に目を向けると、雑貨や焼き菓子も販売されている。「これは地元のアクセサリー作家さんの作品です。販売する場所を提供しているんです」と、地域とのつながりを大切にする工夫も。

「慶應義塾大学」の学生とのコラボメニュー
「慶應義塾大学」の学生とのコラボメニュー

最近は、「慶應日吉キャンパスの森」の保全活動を行う団体とコラボケーキを開発しメニューに加えた。売上のうち20円が寄付される仕組みとなっており、地域の活動を盛り上げようとするオーナーらしいアイデアだ。

お家ごはんカフェ unwind(アンワインド)
所在地:神奈川県横浜市港北区日吉2-1-5 尾嶋ビル2F
電話番号:045-620-8624
営業時間:11:00~19:00(土・日曜日と祝日11:00~18:00)
定休日:月曜日
http://unwind.heteml.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ