「日吉」駅と我が家をつなぐライフライン、バス便をレポートします!

日吉町6丁目、落ち着いた住宅街の中に『ファインコート日吉グレーステラス』が誕生しました。東急東横線「日吉」駅と市営地下鉄グリーンライン「日吉本町」駅の2駅が利用できる利便性の高さが魅力の物件です。 「日吉本町」駅までは徒歩約13分、「日吉」駅までは徒歩約28分、特に「日吉」駅まではバスの利用がおすすめ。運行本数も多く、日常生活を送る上での生命線となるはずです。今回は実際にバスを利用して物件までの帰宅ルートを辿ってみたのでご紹介します。

「日吉」駅前のバスロータリー
「日吉」駅前のバスロータリー

東急東横線「日吉」駅からは、みなとみらい線や東京メトロ副都心線など7路線が直通利用できます。「渋谷」駅までは16分、「目黒」駅までは17分と都心へのアクセスもスムーズで通勤・通学に便利です。さらに駅周辺の商店街は活気があり、ショッピングやグルメを満喫できる環境がそろっています。

駅ビル「日吉東急アベニュー」は、新鮮な生鮮食品や作りたてのパンやお惣菜が手に入るほか、全国各地の銘菓や絶品スイーツを手に入れることもできます。また、衣料品などの生活雑貨やクリニックもテナントで入っているのも特徴です。

駅西口に出ると、「普通部通り」「日吉中央通り」「浜銀通り」「サンロード」と、放射状に伸びる4つの商店街が現れます。それぞれの通りには、各種金融機関、飲食店、学習塾などさまざまなお店が軒を連ねていて、24時間営業の「miniピアゴ 日吉本町1丁目店」などもあるので、仕事で帰りが遅くなった時も安心ですね!

何でもそろう商業施設

日吉東急アベニュー
日吉東急アベニュー

24時間営業のスーパー

miniピアゴ 日吉本町1丁目店
miniピアゴ 日吉本町1丁目店


バスは駅の南側にあるロータリーから乗ることができます。バス停は広々としていて開放的、最寄りの「サンヴァリエ日吉」バス停へ向かうバスは5番乗り場に発着します。バス停に着いて驚くのはその本数の多さ!平日の朝7時台には3分おきに、お昼の時間帯でも1時間に8本と、7~8分おきにバスが来ます。ちょっと疲れた時は、一本ずらしてのんびり座って帰るのもありですね。

多くの人で賑わいます

日吉駅前
日吉駅前

常にバスが発着!

ロータリーの様子
ロータリーの様子


のどかな住宅街

ルートの風景
ルートの風景

早速バスに乗ってみます!バスは商店街の1つ「浜銀通り」に入っていきます。商店街を抜けると「慶應義塾大学日吉グラウンド」が見えてきまして、のどかな雰囲気の中を進んでいきます。交通量の少ない住宅街を進むこと約12分、終点の「サンヴァリエ日吉」バス停に到着です。バス停のすぐ向かいには「港北警察署下田交番」もあり、治安面も安心ですね。


「サンヴァリエ日吉」バス停は始発の停留所なので、座席に座っての通勤・通学が可能です。朝は6時10分が始発、最も利用者の多くなる7時~8時台には3分間隔でバスがやってきます。また、物件から徒歩6分の場所にある「南原」バス停を利用することも可能です。こちらのバス停を利用すれば「日吉」駅だけでなく、「高田町」方面にも移動できます。座って通勤できる始発のバス停、そして電車に劣らない本数の多さを考えると電車1本乗り換える感覚でバスが利用できますね。

にあっという間に到着!

サンヴェリエ日吉バス停
サンヴェリエ日吉バス停

「日吉」駅行きはこちらから

見通しの良い道
見通しの良い道


空が広く感じます

バス停周辺の風景
バス停周辺の風景

それではバス停から物件まで歩いて向かいましょう。このエリアは建物の用途が住宅や小学校に限られるなど、快適な住環境を維持するための規制が設けられた「第一種低層住居専用地域」に指定されています。バス停から物件まで約800mの道中はそんな静かで落ち着いた住宅街。道中にはコンビニエンスストアもあるので、買い忘れたものがあっても安心です。


バス停から物件までは徒歩で11分ほどです。横浜という土地柄、きつい上り坂で汗ばむことを覚悟していましたが、比較的平坦な道が続いていました。バス停からコンビニエンスストアまでの勾配はほぼゼロ。最初の曲がり角を曲がると、ゆるやかな下り坂が続きます。「日吉本町西原公園」のあたりは平坦な道になり、最後、物件までの200mほどが上り坂なだけでした。

物件のすぐ近くにはブランコなどの遊具がある「森戸原第一公園」があります。その他にも、「日吉本町第二公園」や「高田第四公園」といった公園が徒歩圏内に点在しています。

物件までの道のり
物件までの道のり

ベンチに腰掛けて深呼吸したくなる公園です

森戸原第一公園
森戸原第一公園


物件の周辺には、子育て世代に嬉しい教育環境も整っています。通学区の「横浜市立駒林小学校」へは徒歩で約11分、「横浜市立日吉台西中学校」へは徒歩で約4分と、通学時間も短くて安心。1973(昭和48)年に開校した「横浜市立駒林小学校」は、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を育むことを教育目標にしています。下校時には地域住民のボランティアでしょうか、校門の前で横断歩道の横断をサポートする交通整理なども行われていて、安全面にも配慮がされているなと感じました。また、進学先である「横浜市立日吉台西中学校」との縦割り活動を通して、小中9年間で子どもを育てる「小中一貫教育」にも取り組んでいるようです。

「横浜市立駒林小学校」
「横浜市立駒林小学校」

物件から徒歩4分

「横浜市立日吉台西中学校」
「横浜市立日吉台西中学校」


いかがでしたか?今回の取材を通して感じたことは、「日吉」駅周辺はとても賑やかで、日常生活を送る上で不自由を感じない環境であること。バスのインフラが充分に整っていること。物件周辺は子育てもしやすい住環境であることの3つです。通勤・通学に「日吉」駅を利用するなら、バスは毎日使うことになると思うのでぜひ参考にしてみてください。


発見ポイント!

現地周辺の街並み
現地周辺の街並み

  • (1)始発のバスだから毎日座って移動できる
  • (2)バス停から物件までは比較的平坦で歩きやすい
  • (3)広い空を望める落ち着いた住環境が魅力