教育環境も充実!日吉本町エリアで快適に暮らすファミリーの平日

image photo
image photo

「慶應義塾大学日吉キャンパス」の存在で象徴されるように、教育環境に恵まれる日吉エリア。東急東横線や東急目黒線は他路線への乗り入れも多く、都心や都内各地へのアクセスもスムーズ。子どもの生活も大人の生活も、しっかりと支えてくれます。今回はそんな街に暮らす、あるファミリーの平日をご紹介します。

時計

6:30

起床

image photo
image photo

朝食は「柿の木坂 キャトル 日吉東急店」で購入しておいたパン「柿の木坂ロール」をいただく。この店はパンもケーキも美味しいので、家族みんなのお気に入り。

時計

7:45

娘は小学校へ

横浜市立駒林小学校
横浜市立駒林小学校

娘は近所のお友達と待ち合わせて「横浜市立駒林小学校」へ元気に登校。娘を夫婦そろって送り出す。

時計

8:00

夫婦で出勤

「サンヴァリエ日吉」バス停
「サンヴァリエ日吉」バス停

準備を済ませたら夫と一緒に出勤。最寄の「サンヴァリエ日吉」バス停からバスに乗って「日吉」駅へ向かう。バスを使っての通勤は、いざ始めてみると電車で乗換え1回と同じ感覚で使えるのでとても便利だ。

時計

12:00

昼休みに買い物

オーケー 日吉店
オーケー 日吉店

仕事のお昼休み。ネットスーパーを利用して、ミネラルウォーターと子ども用の牛乳をまとめ買い。日常の買い物は「オーケー日吉店」を利用し、重いものなどはネットスーパーを使っている。

時計

16:00

娘が帰宅、塾へ

image photo
image photo

子どもは学校から帰ってきたら、私が用意しておいたおやつを食べてから、バスで「日吉」駅前の「SAPIX小学部 日吉校」へと出かける。目標とすべき大学が身近にあるので、子どもも意欲的に勉強に取り組んでいるみたい。

時計

18:30

妻が帰宅

image photo
image photo

私は会社帰りに「日吉東急アベニュー」に立ち寄って、お惣菜を購入。家へ帰ったら、残りの夕飯の準備をする。

時計

20:30

娘と夫が帰宅

image photo
image photo

夕飯の準備を終えてひと息ついていると、娘と夫が一緒に帰ってきた。塾で新しく習ったことなどを聞きながら、家族3人そろって夕飯をいただく。

<奥様の一言>

ここに引っ越してきて、最初、バス利用は不安でした。でもいざ通勤を始めてみれば、電車を1回乗換えるのと同じ感覚。乗り換えてしまえばいろんな方面にアクセスできるので、とても便利でした。また、「慶應義塾大学 日吉キャンパス」が近くにあるので子どもにいい刺激になれば…と思いましたが、大正解!子どもも目標とすべきものがはっきりして、意欲的に勉強に取り組むようになりました。この街では家族みんながそれぞれの目標に向かって励めるに、充実した生活ができるようになったと思います。