「ららぽーと湘南平塚」に隣接、「平塚」駅も近い平塚市宮松町

平塚市は神奈川県のほぼ中央に位置し、湘南地域の中核都市として発展した。宮松町は平塚市の玄関口である「平塚」駅の北に広がり、閑静な佇まいの住宅地となっている。近年は「日産車体」の工場跡地の再開発で、新たなショッピング施設が誕生するなど、暮らしの利便性が向上した。

江戸時代に宿場町として発展、戦後は「七夕まつり」の街に

長い歴史を持つ「平塚八幡宮」
長い歴史を持つ「平塚八幡宮」

宮松町周辺は歴史を感じられるスポットも多い。エリアの西側に隣接する「平塚八幡宮」は、古墳時代に創建されたと伝えられる古社だ。

江戸時代になると宮松町の南側を通る東海道に「平塚宿」が置かれ、日本橋から数えて8番目の宿場町として賑わったという。

1887(明治20)年に「平塚」駅が開業すると、交通アクセスの主役は鉄道に移り、その後、「平塚」駅周辺には軍需工場が建設されたほか、多くの店も集まり、工業・商業の街として発展を遂げた。

戦後の復興に際し街区の整理が行われ、現在の整然とした街並みの基礎が整えられたほか、1951(昭和26)年からは「七夕まつり」が開催されている。現在、平塚の「七夕まつり」は日本最大の集客数を誇る「七夕まつり」になった。

JR東海道線、JR湘南新宿ラインで東京都心に直結

JR東海道線とJR湘南新宿ラインの「平塚」駅
JR東海道線とJR湘南新宿ラインの「平塚」駅

「平塚」駅に近い宮松町は交通アクセスの利便性も魅力になる。「平塚」駅にはJR東海道線、JR湘南新宿ラインの快速、特別快速、通勤快速が停車する主要駅で、利用できる電車の本数が多い。JR東海道線に乗れば「東京」駅や「品川」駅、JR湘南新宿ラインで「渋谷」駅や「新宿」駅など東京都心方面にもダイレクトアクセスできる。

「平塚」駅が始発となる電車も多く、通勤時間帯でも少し並んで待てば、座って移動できることもうれしい。

多彩な店が揃う「ららぽーと湘南平塚」に隣接

大規模ショッピング施設「ららぽーと湘南平塚」
大規模ショッピング施設「ららぽーと湘南平塚」

宮松町は買い物も便利だ。エリアの東には「ららぽーと湘南平塚」があり、スーパーマーケット「イトーヨーカドー 食品館ららぽーと湘南平塚店」のほか、ファッションや雑貨など多彩なショップが集まる。

「平塚」駅周辺の「平塚ラスカ」や「OSC湘南シティ」、「ユニディ 湘南平塚店」といったショッピング施設も使いやすく、多彩な買い物を楽しめる。

徒歩圏内にある「平塚市役所」
徒歩圏内にある「平塚市役所」

宮松町周辺は「平塚市役所」や「平塚市博物館」、「平塚市中央図書館」など公共施設が集まる平塚市の行政の中心地で、公共サービスを気軽に活用できることも魅力になる。

教育・子育て施設も充実

平塚市内有数の伝統校「平塚市立崇善小学校」
平塚市内有数の伝統校「平塚市立崇善小学校」

宮松町は子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。「大野幼稚園」や「平塚保育園」など幼稚園、保育施設が身近に揃うほか、通学指定校の「平塚市立崇善小学校」にも短時間で通学可能だ。この「平塚市立崇善小学校」は1873(明治6)年に創立された「崇善館」が前身で、平塚市内有数の長い歴史を誇る。

海水浴やマリンスポーツを楽しめる「湘南ひらつかビーチパーク」が身近

開放的な風景が心地よい「湘南ひらつかビーチパーク」
開放的な風景が心地よい「湘南ひらつかビーチパーク」

宮松町周辺には「八幡山公園」や「文化公園」、「平塚市総合公園」、「馬入ふれあい公園」など憩いの場として親しまれている公園も多いことも特徴だ。少し足を延ばせば、「湘南ひらつかビーチパーク」もあり、身近で海水浴やマリンスポーツを楽しめる。

平塚市はサッカーJリーグ「湘南ベルマーレ」のホームタウンで、「湘南ベルマーレ スポーツクラブ」では、サッカー以外のスポーツ振興にも力を入れているほか、平塚市でも「平塚市スポーツ推進計画」を策定し、市民とスポーツ関係団体、トップスポーツ団体、行政などが連携してスポーツを楽しめるまちづくりを推進している。

こうした土地柄から、エリア周辺には「Shonan BMWスタジアム平塚」や「バッティングパレス相石スタジアムひらつか」などスポーツをしたり、観戦したりできる施設が充実しているも魅力だ。

湘南の海岸に近く、歴史と文化も豊かで、暮らしの利便性を併せ持つ平塚市宮松町。ここでは毎日が充実したひと時となるだろう。



あわせて読みたい。関連ページ