歴史と人情、緑に恵まれた街、横浜市南区弘明寺町

横浜市南区は横浜市のほぼ中央にあり、721(養老5)年に開かれたと伝えられる「弘明寺」など古くから栄えていたことがうかがえる。弘明寺町はその「弘明寺」から大岡川の間に広がるエリアで、交通アクセスに恵まれた暮らしやすい街として注目されている。

横浜市内最古の寺「弘明寺」の門前町として発展

長い歴史を持つ「弘明寺」
長い歴史を持つ「弘明寺」

「弘明寺」は三蔵法師が修業の地としたことが始まりとされる横浜市内最古の寺で、弘明寺町周辺は「弘明寺」の門前町として発展した。「弘明寺」の前には多くの店が集まり、現在も「弘明寺商店街」としてにぎわう。

1914(大正3)年には横浜電気鉄道(後の横浜市電弘明寺線)が「弘明寺」停留場まで開通し、交通アクセスの利便性が向上。今の弘明寺町周辺はさらなる発展を遂げた。1930(昭和5)年には「弘明寺」の敷地の一部が売却され、これに伴い湘南電気鉄道(現・京急本線)の「弘明寺」駅の開設や「弘明寺公園」の整備が行われている。

アーケードが伸びる「弘明寺商店街」
アーケードが伸びる「弘明寺商店街」

弘明寺町周辺は太平洋戦争による被害もなく、1956(昭和31)年には「弘明寺商店街」のアーケードが完成するなど、さらににぎわいが増していった。「弘明寺商店街」のアーケードは2001(平成13)年に改装され、全長が312mに延長されている。

京急本線と横浜市営地下鉄ブルーラインを利用可能

京急本線「弘明寺」駅
京急本線「弘明寺」駅

弘明寺町からは京急本線の「弘明寺」駅と横浜市営地下鉄ブルーラインの「弘明寺」駅の2駅が利用できる。京急本線に乗れば「横浜」駅のほか「京急川崎」駅や「品川」駅方面へスムーズにアクセス可能。エアポート急行に乗れば「羽田空港」にも乗り換えなしで移動できる。

横浜市営地下鉄ブルーライン「弘明寺」駅
横浜市営地下鉄ブルーライン「弘明寺」駅

横浜市営地下鉄ブルーラインは「関内」駅や「桜木町」駅など横浜市中心部に加え、東海道新幹線接続の「新横浜」駅などにダイレクトアクセスとなり、旅行や出張の際も便利だ。

横浜市内有数のにぎわいを誇る「弘明寺商店街」

人情が漂う「弘明寺商店街」
人情が漂う「弘明寺商店街」

にぎやかな「弘明寺商店街」が広がる弘明寺町は買い物の楽しみも多い。「弘明寺商店街」には青果店や精肉店など昔ながらの商店が軒を連ねるほか、地域の人々に人気の飲食店も並ぶ。エリア周辺には「食品館あおば 弘明寺店」や「ビッグ・エー 横浜大岡店」といったスーパーマーケットもあり、日常の買い物は身近で済ませることができる。

「京急百貨店」も使いやすい
「京急百貨店」も使いやすい

「弘明寺」駅から京急線に乗れば「上大岡」駅まで1駅2分でアクセス可能。「上大岡」駅周辺には「京急百貨店」や「camio(カミオ)」など大型ショッピング施設が集まり、休日の買い物の楽しみも多い。

子育て・教育施設が徒歩圏内に揃う

「南若宮幼稚園」といった子育て施設が充実
「南若宮幼稚園」といった子育て施設が充実

弘明寺町は「南若宮幼稚園」や「プチ・ナーサリー弘明寺」など幼稚園、保育施設が徒歩圏内に揃い、子育ての場としても魅力が多い。「弘明寺商店街」には「南区地域子育て支援拠点 はぐはぐの樹」があることも安心だ。

「横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校」も徒歩圏内
「横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校」も徒歩圏内

「横浜市立大岡小学校」や「横浜市立南中学校」が通いやすい場所にあるほか、「横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校」といった人気の教育施設も近い。

花見の名所として知られる「弘明寺公園」や大岡川

ランドマークタワーも望める「弘明寺公園」
ランドマークタワーも望める「弘明寺公園」

弘明寺町は緑に親しめるスポットも多い。エリアの西に広がる「弘明寺公園」には緑の中に展望台があり、横浜市中心部の街並みを望むことができる。桜の木も多く、花見スポットとしても人気だ。エリアの東を流れる大岡川沿いにも桜並木があり、こちらも春には花見を楽しむ人でにぎわう。「大岡公園」など子どもの遊び場に適した公園も近い。

古刹「弘明寺」と緑豊かな「弘明寺公園」に抱かれ、情緒漂う「弘明寺商店街」が広がる横浜市南区弘明寺町。ここでは穏やかな暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ