豊かな緑と多彩なショッピング施設に恵まれた横浜市戸塚区深谷町

横浜市戸塚区は横浜市の西端にあり、鎌倉市や藤沢市と接している。深谷町は戸塚区の南西、藤沢街道と東海道の間に広がるエリアで、ショッピング施設に恵まれる一方、緑豊かな住宅地として人気が高い。近年は新たな開発で美しい街並みが整備され、注目されている。

深谷町周辺には便利なショッピング施設が充実

スーパーマーケットは「ハーモス深谷」が近い
スーパーマーケットは「ハーモス深谷」が近い

深谷町周辺にはスーパーマーケット「ハーモス深谷」やドラッグストア「クリエイト エス・ディー 戸塚俣野店」など日常の買い物に便利なショッピング施設が充実。「ファッションセンターしまむら 深谷町店」や「ロイヤルホームセンター 戸塚深谷店」など専門店も多く、多彩な買い物を身近で楽しめる。

「戸塚」駅周辺には「トツカーナモール」などが集まる
「戸塚」駅周辺には「トツカーナモール」などが集まる

また、深谷町からバスや自動車を利用すれば、「戸塚」駅は15分ほど。駅周辺の「トツカーナモール」や「戸塚モディ」といった大規模ショッピング施設も使いやすい。

通学区の小学校、中学校は徒歩10分圏内

深谷町周辺には「冨士見ヶ丘幼稚園」や「横浜市原宿保育園」といった幼稚園、保育施設が揃い、子育ての場としても魅力だ。

エリア内にある「横浜市立横浜深谷台小学校」
エリア内にある「横浜市立横浜深谷台小学校」

また、通学区となる「横浜市立横浜深谷台小学校」と「横浜市立深谷中学校」がいずれもエリア内、徒歩で10分圏内にあり、通学の負担も少ない。「戸塚」駅には習い事施設や学習塾が集まり、安心して通わせることができることもうれしい。

「戸塚」駅、「大船」駅、「藤沢」駅にバスでアクセス可能

深谷町は交通アクセスの利便性も良好だ。最寄りとなる「横浜薬大南門」停留所からは「戸塚」駅や「大船」駅、「藤沢」駅方面に向かうバスが発着。とくに「戸塚」駅行きのバスは本数が多く、朝の通勤時間帯には2~3分間隔でバスがある。

戸塚駅
戸塚駅

「戸塚」駅からはJR東海道線、JR湘南新宿ライン、JR横須賀線、横浜市営地下鉄ブルーラインを利用でき、JR東海道線で「品川」駅や「東京」駅、JR湘南新宿ラインで「渋谷」駅や「新宿」駅など東京都心にダイレクトアクセス可能。「関内」駅や「桜木町」駅など横浜市中心部には横浜市営地下鉄ブルーラインでダイレクトアクセスとなる。

「大船」駅からはJR京浜東北・根岸線や湘南モノレール、「藤沢」駅からは小田急江ノ島線や江ノ島電鉄線も利用でき、目的地によって使い分けることも可能だ。

国道1号や国道467号など幹線道路が多いこのエリアは自動車の利用も便利だ。2020年度には「(仮称)戸塚」ICと「釜利谷」JCTを結ぶ横浜環状南線が開通予定で、今後はさらなる利便性向上が期待できる。

「横浜ドリームランド」跡地に大規模公園が誕生

鎌倉時代、現在の戸塚区周辺には関東地方各地から鎌倉へ向かう鎌倉道が通過し、交通の拠点として発展した。江戸時代に東海道が整備されると「戸塚宿」が置かれた。「戸塚宿」は江戸の日本橋から歩くと1日目の夜を迎える場所にあることから、大いににぎわったという。

「横浜ドリームランド」跡地に整備された「俣野公園」
「横浜ドリームランド」跡地に整備された「俣野公園」

第二次世界大戦後は郊外のベッドタウンとして住宅地の開発がはじまり、1964(昭和39)年には遊園地「横浜ドリームランド」も誕生した。子どもたちに人気を集めた「横浜ドリームランド」は2002(平成14)年に閉園。跡地は「横浜薬科大学」や「俣野公園」が整備されている。

豊かな緑を楽しめる「俣野公園」

緑豊かな「俣野公園」
緑豊かな「俣野公園」

深谷町は緑に親しめるスポットも身近だ。「戸塚西公園」など子どもの遊び場に適した公園に加え、芝生広場や池、野球場など多彩な設備が揃う「俣野公園」も近く、思い思いの休日を過ごせる。

交通アクセスや買い物環境に恵まれ、自然も豊かな横浜市戸塚区深谷町。ここには心地よい時間が流れている。



あわせて読みたい。関連ページ