自然観察や農業も体験できる

忠生公園

多摩丘陵の自然いっぱいの「忠生公園」は、木々の緑はもちろん池や田圃もあり、そこに集まって来る生き物もたくさん。その自然の多さは、懐かしい風景とも言える落ち着いた雰囲気の公園だ。

樹々に囲まれ静かな時間が流れる園内
樹々に囲まれ静かな時間が流れる園内

園内には散策路が整備されているので、ゆっくりと歩いてみよう。園の中心には「自然観察園」が広がっている。鶴見川の支流・山崎川の源流である「源流の池」は水が湧いてできた池で、木製デッキから静かな池の様子を観察することができる。「源流の池」のそばには湿性池があり、たくさんの水辺の生き物が生息している。湿地の上に整備された木道では、ザリガニ釣りに興じる子どもたちも多い。

水の流れを辿っていくと、昔懐かしい田圃が広がっている。この田圃では毎年、米作り農業体験が行われている。田植え、草取り、稲刈りに加え、最後には作ったお米を使って餅つき。参加者は原則全日程参加なので、一連の作業をしっかりと体験できる機会となっている。

遊具もあるので小さい子どもも楽しめる
遊具もあるので小さい子どもも楽しめる

自然豊富な「忠生公園」では、定期的に自然観察会が開催されている。網を片手に水中の生き物を観察したり、飛来した渡り鳥を観察したりと、季節によって移り変わる公園の様子とじっくり向き合うことができ、新たな発見がいっぱいだ。また、自然観察センター「忠生がにやら自然館」では自然についての展示を行っているほか、自然の素材を利用したクラフト教室なども実施している。イベントの情報は『がにやら通信』やWEB上で発信されているので、是非、チェックして出かけてみよう。

そのほかにも、ブランコや滑り台、砂場などの小さい子向けの遊具がそろった「子どもの広場」や雑木林に囲まれるソフトボール場もあり、とてもきれいに整備されている「忠生公園」。自然の空気を心にも体にもいっぱい取り入れながら、散策したり遊んだり学んだり、気持ちよく過ごせる公園だ。

忠生公園
所在地:東京都町田市忠生1-3-1
電話番号:042-792-1326(忠生公園自然観察センター)
☆忠生がにやら自然館
開館時間:9:00~16:30
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
☆自然観察園
開園時間:9:00~16:30
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/p..

詳細地図