茅ヶ崎を知る

憧れの湘南ライフを実現!茅ヶ崎市東海岸南五丁目の魅力

茅ヶ崎市東海岸南五丁目は、「茅ヶ崎」駅の南側、海岸の中間付近に広がり、駅に近いという利便性と海を感じながら暮らせる環境に恵まれたエリアだ。茅ヶ崎は湘南エリアの中でもとくに人気が高く、古くから別荘地、リゾート地として栄えた。現在もセンスのよいショップやカフェが点在するなど、湘南ライフを満喫できる街として注目されている。

別荘地から邸宅街として発展

公共施設も隣接する「高砂緑地」
公共施設も隣接する「高砂緑地」

江戸時代、今の「茅ヶ崎」駅の北側に旧東海道が整備され、当時はもっとも重要な道路として多くの人々が行き交っていたという。現在も旧東海道沿いには松並木や一里塚が残り、当時の面影が感じられる。

1898(明治31)年に東海道線「茅ヶ崎」駅が開設され、交通アクセスの利便性が向上すると、東海岸南五丁目周辺は別荘地として発展を遂げた。九代目市川団十郎の別荘「孤松庵」をはじめ、政府要人や著名人、学者などの別荘が続々と誕生。明治時代の末には200棟を越す別荘があったといわれている。

戦後は周辺都市のベッドタウン化に伴い、東海岸南五丁目周辺は別荘地の風格を受け継ぎつつ、邸宅街として進化。戦前から残る屋敷林に囲まれた広い敷地の邸宅が点在している。また、エリア周辺は鉄砲道沿いの一部を除き、都市計画法上の第1種または第2種低層住居専用地域に指定されており、今後も穏やかな住環境が維持されることだろう。

独自の文化が育った茅ヶ崎市

小津安二郎が定宿としていた「茅ヶ崎館」
小津安二郎が定宿としていた「茅ヶ崎館」

茅ヶ崎を愛する文化人も多い。映画監督の小津安二郎もそのひとりで、旅館「茅ヶ崎館」を定宿とし多くの名作を生み出している。また、「パシフィックホテル茅ヶ崎」のオーナーであった岩倉具憲は岩倉具視の子孫で、娘の岩倉瑞江は人気の湘南ブランドとなった「SPORTIFF」のオーナーとして知られる。岩倉具憲氏の妹、岩倉具子は俳優の上原謙と結婚。茅ヶ崎に居を構え、加山雄三を育てた。

サザンオールスターズにちなんで名付けられた「サザン通り」
サザンオールスターズにちなんで名付けられた「サザン通り」

「サザンオールスターズ」の桑田佳祐も茅ヶ崎出身で、桑田佳祐の父親は上原謙との交流もあったそうだ。「サザンオールスターズ」は2000(平成12)年と2013(平成25)年に茅ヶ崎で野外ライブを敢行。街中が熱気に包まれたという。茅ヶ崎市では2002(平成14)年に「雄三通り」、「サザン通り」という道路の愛称を制定し、彼らの功績をたたえている。

茅ヶ崎には他の街にはない文化が根付いている。茅ヶ崎市内に自転車メーカー「宮田工業」が立地することもあり自転車の利用が多くみられるほか、スローライフやロハスな飲食店やショップが多いことも特徴だ。

また、茅ヶ崎はサーフィンの聖地としても知られ、サーフショップやサーフィンファッションの店も集まっている。サーフィンの発祥地であるハワイの文化が取り込まれていることも特徴で、ハワイ料理店やハワイ雑貨店、フラダンスのスクールも多い。「茅ヶ崎市役所」でも夏季の毎週金曜日には、職員がアロハシャツを着用し、ハワイ文化を盛り上げている。

東海道線、湘南新宿ラインで横浜市中心部、東京都心にもダイレクトアクセス

東海岸南五丁目は交通アクセスの利便性も高い。「茅ヶ崎」駅からはJR東海道線、JR湘南新宿ライン、JR相模線の3路線が利用可能。「横浜」駅や「東京」駅、「新宿」駅など横浜市中心部や東京都心にもダイレクトアクセスできる。東海道線の下り電車に乗れば、箱根の玄関口「小田原」駅や温泉地として栄える「熱海」駅方面へのアクセスもよい。

国道1号や国道134号など幹線道路が近くを通過するため、自動車も利用しやすい。新湘南バイパスの「茅ヶ崎西」ICや圏央道の「寒川南」ICも近く、遠方へのドライブも快適だ。圏央道は2015(平成27)年に圏央道の「寒川北」ICから「海老名」JCT間が開通し、「寒川南」ICから東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道方面へのアクセスがよりスムーズになっている。

買い物が便利で、グルメの楽しみも豊富

「クラウン 浜須賀店」をはじめスーパーマーケットが充実
「クラウン 浜須賀店」をはじめスーパーマーケットが充実

東海岸南五丁目周辺にはスーパーマーケット「クラウン 浜須賀店」などショッピング施設が充実。日常の買い物も便利だ。2015(平成27)年には「茅ヶ崎」駅の駅ビル「ラスカ茅ヶ崎」がリニューアルオープンし、さらに便利になっている。少し足を伸ばせば、「イオンスタイル湘南茅ヶ崎」や「テラスモール湘南」など大型ショッピング施設も多い。

「茅ヶ崎」駅周辺には「サザン通り商店街」や「アルコナード 南本通り商店街」など個性的なショップが集まる商店街が広がるほか、東海岸五丁目周辺には雑貨やファッションなどを扱うセンスの良い路面店も多く、散策がてらの買い物も魅力のひとつだろう。

「SPORTIFF」茅ヶ崎店2階にあるナチュラルライフスタイルショップ「Beach House」
「SPORTIFF」茅ヶ崎店2階にあるナチュラルライフスタイルショップ「Beach House」

海に近い茅ヶ崎は特産のしらすをはじめとした魚介類、北側の丘陵地で採れる野菜などグルメの楽しみも豊富だ。こうした地場の食材を提供する店や隠れ家的な店も点在し、お気に入りの場所を見つけるのも暮らしを豊かにしてくれるはずだ。

充実した教育・子育て施設に医療機関

エリア隣接の東海岸南四丁目にある「茅ヶ崎市立東海岸小学校」
エリア隣接の東海岸南四丁目にある「茅ヶ崎市立東海岸小学校」

東海岸南五丁目は子育ての場としても恵まれている。通学指定校である「茅ヶ崎市立東海岸小学校」までの距離は短く、小学校低学年の子どもでも無理なく通学可能。1947(昭和22)年開校という歴史を持つ伝統校「茅ヶ崎市立第一中学校」も近い。保育園や幼稚園もエリアから1km圏内に複数立地しているほか、学習塾や習い事施設、学童保育といった子育て関連施設が揃っているのもうれしい。

12診療科を持つ「茅ヶ崎徳洲会病院」
12診療科を持つ「茅ヶ崎徳洲会病院」

東海岸南五丁目周辺には小児科の「しながわこどもクリニック」、分娩も扱う産婦人科「みうらレディースクリニック」など各科のクリニックが充実。2015(平成27)年5月には「茅ヶ崎徳洲会病院」がリニューアルオープンしたのも心強い。また、犬などペットと暮らしているファミリーが多いこともあり、「シーサイドアニマルクリニック」といった動物病院も揃っている。

身近で海や緑に親しめる環境

湘南・茅ヶ崎の象徴的存在「サザンビーチちがさき」
湘南・茅ヶ崎の象徴的存在「サザンビーチちがさき」

海や緑を身近に感じられることも魅力だ。「サザンビーチちがさき」ではサーフィンや海水浴を楽しめるほか、「湘南海岸サイクリングロード」では、潮風を感じながらサイクリングやジョギング、散策を楽しめる。「茅ヶ崎公園」や「高砂緑地」といった公園・緑地に加え、邸宅街の屋敷林など街中で豊かな緑に親しめるスポットも多い。

また、東海岸南五丁目の南東に拡がる「茅ヶ崎ゴルフ倶楽部」は、2015(平成27)年度から2年間、暫定的にゴルフ場として利用されたのち、「湘南地域の活性化の実現」をテーマに活用されることが決まっている。ゴルフ場内の自然の活用もコンセプトのひとつとされ、さらに緑に親しめる場所が増えることも期待されている。

海を身近に感じながら、理想の湘南ライフを実現できる街。それが茅ヶ崎市東海岸南五丁目エリアだ。