インタビュー

地域に根差し、地域のつながりを育む「あざみ野ローンテニスクラブ」

東急と横浜市営地下鉄の2路線が利用できる「あざみ野」駅より徒歩5分。閑静な住宅地の一画に位置する「あざみ野ローンテニスクラブ」は、1974(昭和49)年の開業より45周年を迎える人気のテニスクラブです。豊かな自然環境に恵まれた全15面のテニスコートでは、週末ともなれば子どもから年配の方まで幅広い年齢層のテニスプレイヤーが楽しいひとときを過ごしています。今回は「あざみ野ローンテニスクラブ」に訪問し、施設の歴史と地域との関わりについてお話を伺いました。

1974(昭和49)年の開業より45周年を迎えるテニスクラブ

――まず、「あざみ野ローンテニスクラブ」の歴史について教えてください。

「あざみ野ローンテニスクラブ」は、1974(昭和49)年の開業より45周年を迎えました。東急「あざみ野」駅の開業が1977(昭和52)年ですから、まさにこれから新しい街をつくろうという機運のなかで施設をオープンしました。
当時、東急電鉄の副社長、田中勇様の要請に基づき嶮山スポーツガーデンの建設に協力しました。そして東急電鉄の協力もあり、「あざみ野ローンテニスクラブ」がオープンできました。その後、嶮山スポーツガーデンとは地域におけるスポーツ施設としていい関係を築くことができ、現在に至っております。
開業当時はクラブハウスと12面あるテニスコートのうち芝のテニスコート2面を備えた施設としてオープンし、他の地域から移り住んできたいわゆる新住民と、もともとこの地域にお住まいだった農家の方々の社交の場、つまり“クラブ”としてはじまりました。

あざみ野ローンテニスクラブ
あざみ野ローンテニスクラブ

“クラブ”というのは日本人には歴史的にあまり馴染みが無い文化ですが、同じ趣味を持つ者同士が集まって楽しい時間を過ごすための場所で、現在では国内にテニスや乗馬やゴルフなどのさまざまなクラブ組織が存在しています。
当時新たに誕生するあざみ野エリアにも地域のつながりを育むようなクラブを作りたいと思って創設したのがこの「あざみ野ローンテニスクラブ」です。

勝つことだけでなく楽しむことを大切にしたクラブテニスの魅力

――「あざみ野ローンテニスクラブ」の特色は?

もともとクラブテニスとしてはじまったという点が他のテニスを競技として考えるクラブとの大きな違いだと思います。たとえば競技志向の強いテニススクールでは、試合に勝つことや強いことを第一とするのに対して、当クラブではまずコート上のマナー、ルール、配慮を大切にしています。
言い換えると試合に勝つためのテニスだけでは無く、テニスを通じて楽しむことを目的にしているということです。たとえば相手の人がそれほど上手じゃなかったとして、上手な人が相手にとって打ちやすい場所、スピードや高さに配慮してプレーすればおたがい楽しい時間を過ごせるはずですよね。

テニスコート
テニスコート

またボールの返球の仕方ひとつをとっても、ワンバウンドさせて相手の取りやすい場所に配慮して投げることだったり、テニスの技術だけではなく人間関係を築くうえで大切なことを伝え続けています。

四季折々の表情を楽しませてくれる豊かな自然環境も特色のひとつ

――施設、設備面の特徴は?

敷地内のこの自然環境も「あざみ野ローンテニスクラブ」の特色です。植えられている木は落葉樹なんですが、もともとこの地域を開拓するときに自生していた落葉樹をそのまま植え替えました。なぜ落葉樹を植え替えたかと言うと、落葉樹というのは夏には葉っぱをたくさん茂らせてひと休みできる木陰を作ってくれます。秋に徐々に葉を落としてから、寒い冬には太陽の光を地面に届けてくれます。落葉樹が作り出す自然の影は年間を通して地表の温度調節をしてくれるわけです。もちろん自然樹を植え替えるというのは容易な作業ではありませんでした。そして落葉樹によるそれらの効果を体感できるだけではなく、春は桜、秋になれば紅葉と、四季の移ろいを感じながらテニスを楽しめるのがうちのテニスクラブの特徴のひとつです。

季節の移ろいを感じられるコートサイド
季節の移ろいを感じられるコートサイド

またクラブハウスの向かいにはレストランと併設のガーデンもあり、BBQをお楽しみいただけます。クラブのイベントやご近所のご家族のパーティー等にもご利用いただくことがあり、会員様同士はもちろん地域の交流の場としても利用されています。
※レストランは現在休業中です。

クラブハウス向かいのガーデン
クラブハウス向かいのガーデン

現在のテニスコートは全部で15面ありすべて屋外のコートです。そのうち9面は「あざみ野ローンテニススクール」として使っていて、就学前のお子さんから小学生を対象にした「キッズコース」、中学生・高校生を対象にした「ジュニアコース」、選手育成・強化を目的としたコースなどさまざまなレッスンを行っています。

都内から通う子どももいる定評のあるレッスン

――「あざみ野ローンテニススクール」についてもご紹介ください。

はじめはクラブとしてスタートした「あざみ野ローンテニスクラブ」ですが、先ほども少し触れましたが、テニスを楽しむうえでのマナー、ルール、配慮というものを教える必要がありスクールを開校することになりました。
テニスの歴史を遡ってみるとよく分かるのですが、日本のテニスは軟式つまりソフトテニスが主流で、ボールを蹴ったりラケットで打って相手に渡すということが起こりがちでしたので、レッスンの中でご注意申し上げました。硬式テニスをするうえで国際的なマナー、ルール、配慮を身につけるというのは非常に重要なことだったんです。

子どもから大人まで、技術だけでなくマナー、ルール、配慮も身につけられる
子どもから大人まで、技術だけでなくマナー、ルール、配慮も身につけられる

小さい頃からテニスの技術だけでは無く、こういったマナー、ルール、配慮を身につけられることが評判につながり、今では東急東横線沿線はもちろん横浜や都内からレッスンを受けに来るお子さんも多くいらっしゃいます。

就学前のお子さんを対象にした「ピュアキッズ Under-6」や初級者を対象にした小学校6年生までの「マナーキッズ Under-12A」など、健康な身体づくりやマナー、ルール、配慮について学ぶところからしっかり指導させていただきます。

一般のレッスンについても、8面もあるコートの利点を生かし、あらゆるレベルに対応したレッスンを設けています。60歳以上の方を対象にした「悠遊クラス」ではのんびり・ゆったりとした身体への負荷の少ない練習内容となっており、60歳以上の方でも安心して楽しめるレッスンとなっております。

コーチも経験豊富なベテラン揃いのため、内容の充実したレッスンを受けられると思います。コースの詳しい内容やコーチのプロフィールなどはホームページにも情報がありますので、ぜひご覧ください。

また、当スクールの卒業生の中には現在プロで活躍している人もいらっしゃいます。

――これからこの地域にお住まいになる方へメッセージをお願いします。

「あざみ野ローンテニスクラブ」は、1974(昭和49)年の開業より45周年を迎えることができました。農家が数軒点在しているだけの土地を開拓するところから今日に至るまで、地域の皆さまの憩いの場としてご利用いただいています。

さまざまな交流が生まれるクラブハウス
さまざまな交流が生まれるクラブハウス

毎年1月には地域の皆さまへの感謝の気持ちを込めて餅つきをしたり、あざみ野まつりに参加して地域のイベントごとにも協力させていただいています。4月には敷地内に5種類ほどの桜が咲き、桜に関するイベントなども行なっています。イベント期間中は夜桜のライトアップを行うのと同時に、アルコール分ゼロの甘酒を無料配布しております。楽しい時間を過ごすための場として運営されている当クラブにぜひ一度足を運んでみてください。

コートサイドに咲く桜
コートサイドに咲く桜

現在、45周年の特別企画として新規入校者を大賞に「入会金無料」「一ヵ月間レッスン受け放題」「選べるプレゼント」のお得なキャンペーンも実施しているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

昨今、テニスをはじめとしたラケットスポーツが健康寿命を伸ばすスポーツのひとつとして注目を集めています。ボールを追いかけてコートを走っているのが、結果的にウォーキングやランニングといった有酸素運動と同じ効果をもたらしているんですね。しかも、ただ歩いたり走ったりするよりも、ボールを追いかけているほうが楽しいなんていう意見もあります。
健康的な生活を保持するうえでテニスが有効といった研究論文もあるそうで、英国のオックスフォード大学が2016年に発表した研究結果では、運動をしない人に比べて死亡リスクが最も低かったスポーツは、テニスなどのラケットスポーツだったそうです。(テニス:47%減、スイミング:28%減、エアロビクス:27%減)あざみ野にお住まいになったらぜひテニスをはじめてみてはいかがでしょうか。

地域に根差し、地域のつながりを育む「あざみ野ローンテニスクラブ」
地域に根差し、地域のつながりを育む「あざみ野ローンテニスクラブ」

株式会社ALTC(あざみ野ローンテニスクラブ)

代表取締役:益山 茂さん
所在地:横浜市青葉区あざみ野2-19-1
URL:http://www.azamino-tennis.jp/
※この情報は2018(平成30)年9月時点のものです。