絶品の割烹料理を西洋の雰囲気の中で味わえるお店

あざみ野 割烹 SEKIDO

看板料理の『釜炊きご飯』
看板料理の『釜炊きご飯』

オーナーシェフの関戸氏は、日本料理店で修行を積んだのち、大好きなワインを勉強したくて渡仏。バルセロナの日本料理店で活躍したのちに帰国し、穏やかな街並みが気に入り、あざみ野に割烹料理のお店を開店。「西洋の雰囲気に包まれた空間で、割烹料理を味わっていただきたい」と関戸氏。店内は、白を基調とした清潔感のある雰囲気。カウンター席に座れば、割烹料理のライブ感を楽しめる。

旬な食材を使った割烹料理がコース
旬な食材を使った割烹料理がコース

料理は、旬な食材を使った割烹料理がコースで振る舞われる。ランチもディナーも、3種類のコース料理が用意されている。看板料理の1つは、季節の食材をふんだんに使った『釜炊きご飯』だ。この日は、たっぷりのズワイガニとイクラが使われ、彩りが豊かだ。釜の蓋を開けた時に柚子の香りが広がり、思わず笑顔になってしまう。他にも、『茶碗蒸し』や『前菜5種盛り』なども人気で、この料理を楽しみに訪れる常連客は多い。

プライベートが保てる個室
プライベートが保てる個室

4名が入れる個室は、上に防音ガラスが敷かれ、完全なプライベート空間になっている。ドアを開けると隠れ家的な空間が広がりワクワク。大切な人と貴重な時間をゆっくりと過ごすことができる。

お店の奥には、最大10名が入れる広い部屋がある。結納の顔合わせや、親戚を集めてのお食事会などにぴったりの空間。ちなみに、結納の顔合わせに利用するお客には、専用のコース料理が用意されている。

こだわりの内装や食器
こだわりの内装や食器

「ワイングラスが似合う空間にしたかった」と、内装へのこだわりを教えてくれた関戸氏は、西洋食器を使ったり、ところどころに洋画を飾ったりと、割烹料理のお店らしくないデザインに挑戦した。「割烹料理は敷居が高く感じられるので、皆さんが来やすい雰囲気にしたかった」とのこと。今では、地元の人はもちろん、近隣の町からも評判を聞きつけて多くの人が訪れる。

お店の外観
お店の外観

「とても落ち着いた街なので住みやすいと思います」と、関戸氏が、あざみ野の町の雰囲気を教えてくれた。そんな居心地のいい街に相応しいお店が、割烹料理とワインを楽しめる「あざみ野 割烹 SEKIDO」だ。

あざみ野 割烹 SEKIDO
所在地:神奈川県横浜市青葉区新石川1-9-8 アイケービル1F
電話番号:045-511-7099
営業時間:11:30~13:30(L.O.)、18:00~20:00(L.O.)
定休日:月曜日、第1・3火曜日(祝日にあたる場合は要問合せ)
http://www.azamino-sekido.com/

詳細地図